初めてのファッション 色の使い方

ファッションの色使いの基本、彩度と明度について【メンズファッション】

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

モノトーンはシンプルでかっこよく見せやすい色使いですが、その反面シンプルすぎて場合によっては「地味」な印象になってしまう。

 

となると、色を取り入れるのがいいんですが・・・

一体どういう色をどうやって取り入れればいいのか、あんまりわからない方もいらっしゃるでしょう。

 

今回は、ファッションにおいての色使いでまず第一に意識してほしい「彩度」と「明度」について解説していきます。

 

合わせて読みたい

https://daimona.info/391/%e8%89%b2%e3%82%92%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%8b%e6%99%82%e3%81%ab%e5%bd%b9%e7%ab%8b%e3%81%a4%e3%80%8c%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%8d%e3%81%a8/

 

ファッションの色使いはまず「彩度」と「明度」を意識する!

彩度(Saturation)とは?

彩度、といってもあんまりピンとこない方もいらっしゃるでしょう。

 

彩度というのは、一言で表すと「どれだけその色が鮮やかで明瞭か」ということです。

 

彩度が高ければより鮮やかに、反対に低ければどんどんくすんでいき、彩度がゼロになるとモノトーンになります。(彩度がゼロになった時、白か黒かは明度で決まる)

 

例えば、彩度が最大で真っ赤な赤の彩度を下げると…

赤の出方が弱くなり、”薄い”色になります。

  

ファッションの色使いの基本、彩度と明度について!【メンズファッション】

このように彩度を下げるとモノトーンに近づいていきます。

 

明度(Value)とは?

明度とは、一言で表すと「どれだけ暗い色か」ということです。

明度が低ければ低いほど暗い色、高ければ高いほど暗くない色です。

 

この「暗い」というのは黒の入り具合で決まります。

明度が最大であれば黒が一切入っていませんが

明度が低くなるにつれ黒が入り色が暗くなり最終的には真っ黒になります。

 

 ファッションの色使いの基本、彩度と明度について!【メンズファッション】

このように、明度が下がるにつれて黒が入ってきます。

 

彩度と明度のまとめ

彩度 (Saturation)

どれだけ色が鮮やかか。

彩度の低下に伴い白が混ざっていき、色が薄まっていく。

つまり、彩度が低くなるにつれモノトーンに近づいていく。

 

明度 (Value)

どれだけ色が暗いか。

明度の低下に伴い黒が混ざっていき、色が暗くわかりにくくなっていく。

 

彩度と明度のファッション的な影響は?

ファッションという文脈で色について考える時、特に考慮してほしいのは「彩度」です。

 

主に彩度によってその色の使いやすさが変わります。

 

白黒のモノトーンのアイテムは扱いやすいのに、色モノが扱いづらい理由は「色が入っているから」。

色(有彩色)じゃなくて、白とかグレーとか黒とかだったら組みやすいですよね。 

 

じゃあ、扱いやすい色ってなんだろう?と考えるとできるだけモノトーンに近いものを選べばいいわけです。

 

つまり、彩度が低い色はモノトーンに近いので扱いやすいんです。

 

例えば補色は合うとか同系色は合うだとか色々ありますけど…

彩度が低ければどんな色と組み合わせてもある程度は合います。

 

補色とか同系色とか細かい話はまたあとのこと。

とりあえず、色を入れてみたい!という場合はとにかく彩度を気にしてみてください。

 

また、彩度が低い色はモノトーンに近いので…

彩度が低くなるに連れキレイめな色になります。

逆に真っ赤とか真緑とか彩度が高く派手な色はカジュアルです。

 

Tips

一番キレイめな印象を持つ色は白と黒です。

なのでその白と黒、つまりモノトーンに近づくにつれキレイめになるので…

彩度が低くモノトーンに近い色はキレイめな印象になるわけです。

 

・彩度が低いほうがモノトーンに近いので色んな色と合いやすくなる

・彩度が低いとキレイめ、高く派手だとカジュアル

この2つはまず覚えておきましょう。

 

じゃあ明度は大事じゃないのというと…そんなことはないです。

 

上述の通り、明度が下がるにつれて色が暗くなっていきます。

キレイめな色である黒に近づいていくわけです。

 

 ファッションの色使いの基本、彩度と明度について!【メンズファッション】

 

この2つの色はどちらも同じ色相(いずれも緑)と彩度で、明度だけが違います。

左の暗い緑(てかほぼ黒じゃん)のほうがキレイめ、といったらなんとなくおわかりになるはずです。

 

同じスーツで、左の暗い緑と右の明るい緑の2種類を想像すると…あきらかに明るい緑のほうが派手でカジュアルですよね?

 

紺のスーツとかも一般的に仕事の時に着るのがありえるように、暗い色はキレイめなんです。逆に真っ青のスーツは着れない。

 

白シャツよりも黒シャツの方がカジュアル寄りだとかの例外はありますが…

基本的には「明度は低くなるとキレイめに近づく」と捉えておいてOKだと思います。

ファッションの色使いの基本、彩度と明度について!【メンズファッション】

 

・明度が低いほどキレイめに近づく

 

終わり

今回の記事では、まず色の基本要素「彩度」と「明度」について

それぞれがファッション的にはどういう違いがあるのかということを解説しました。

 

次回の記事では、今回の記事でお伝えしたことを踏まえて

実際にコーディネートに色を取り入れる場合はまずどうすればいいんだろう?

ということについてお話します。

 

このブログ「大学生がもっとオシャレになる方法」では主にメンズ大学生の方々に向けて、自分をさらにオシャレに見せるために必要な情報をお伝えしています。

 

服の着こなし方、オススメアイテム、賢い買い物の仕方、内面についてなどなど。

ファッションの知識が無い方にも、ある程度は服に気を付けている方にも役立つ情報のはずです。

 

気に入って下さった方は、ぜひ他の記事もご覧になっていってください。

カテゴリの欄からも、ファッションを始める/始めたての方~ある程度ファッションには気を付けている方へそれぞれ向けて書いた記事をご覧になれます。

 

まず読みたい記事

https://daimona.info/391/%e8%89%b2%e3%82%92%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%8b%e6%99%82%e3%81%ab%e5%bd%b9%e7%ab%8b%e3%81%a4%e3%80%8c%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%8d%e3%81%a8/

 

https://daimona.info/198/%e6%9c%8d%e3%82%92%e9%81%b8%e3%81%b6%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%af%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%81%ae%e9%ab%98%e7%b4%9a%e6%84%9f%e3%82%82%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%97%e3%82%8d%ef%bc%81%e3%80%90%e3%83%a1%e3%83%b3/

 

https://daimona.info/9/%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%8c%e9%bb%92%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%92%e3%82%84%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%aa%e3%82%89%e9%bb%92%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9/
  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-初めてのファッション, 色の使い方
-

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5