アパレル用語解説 初めてのファッション

デニムとジーンズの違いは?|ゼロからメンズアパレル用語解説

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

アパレル用語は難しい。

 

スラックスて何だよ!ズボンでいいじゃん!』

訳わからんカタカナでカッコつけんな!』

 

…服を買おうと思っても、キショすぎるアパレル用語が多すぎて訳が分からない。

多分、あるあるだと思います。

 

あんまり詳しくない人にとっては、訳が分からなくて”本当にキショい”はず。アパレル用語。

『訳の分からないアパレル用語』をゼロから分かりやすく解説するコーナーです。どうぞ。

 

 

『デニム』と『ジーンズ』の違い

『デニム』とは?

よく雑誌や服屋の店員さんが口にする「デニム」という言葉。

 

デニムというのは、厳密には『生地の一種』です。

 

綾織っていう織り方で縫われてて、一般的には「インディゴ」という青い染料で染めるからあの色になる。こんなん覚えなくていいです。

 

『ジーンズ』との違い

ジーンズ

で、ジーンズは『デニム生地を使ったズボン』を指します。

 

デニムは『生地』。

ジーンズは『デニム生地を使ったズボン』。

 

…分かるかな?

デニム生地を使ったジャケットという意味で「デニムジャケット」はあり得るけど…

ジーンズは生地じゃないので「ジーンズジャケット」だと意味が通じない。(ジャケットなのかズボンなのか分かんないすからね。)

 

デニムが『ジーンズ』を指すことがある

ただここで、アパレル用語のキショいところが出る。

『デニム』は本来生地を指すけど、ズボンの『ジーンズ』を指すことがあります。

 

例えば…

・「このまえ買ったデニムがさあ!」

・「うわこのデニムシルエット良い!」

とか。

 

厳密な定義だと、『デニムは生地』で『ジーンズはズボン』。

だけど、デニムが『デニム生地のズボン』を指すことがある。たまにじゃなくて、結構な頻度で。

 

「カレー」という単語は本来は『茶色の美味しいアレ』だけを指すけど、『カレーライス』を指すときが多い。

「デニム」という単語は本来は『生地』だけを指すけど、『ジーンズ』を指すときが多い。

例えとしてはゴミですが、そんなイメージ。

 

『カレーパン』はありえるけど、『カレーライスパン』はちょっと変。

『デニムジャケット』はありえるけど、『ジーンズジャケット』はちょっと変。

うーん…?分かるかな…。

 

アパレル用語、わけわかんない。

アパレル用語は難しいです。馴染みのない言葉が多いし、ニュアンス的な表現がかなり多い。

「落ち感」とか「シャリ感」とか、『は?』って感じじゃないですか?

 

情報を正しく処理するためには、まず言葉の正しい意味を知らなきゃなりません。

だけど、アパレル用語を詳しく説明している辞書がぜんぜん無い。

 

ということで、他の用語も随時解説していきます。

 

スニーカーと合わせて『スラックス』ダサく見せない着こなし解説【2022メンズ】

続きを見る

ココだけ注意『インディゴデニム』ダサく見せない着こなし解説【2022メンズ】

続きを見る

 

最近YouTube始めたよ

中の人のゆうりです。最近YouTube始めました。テキトーにやってます^^

 

 

カテゴリ一覧はこちら

 

公式Twitterで更新情報をいち早くチェックする

ブログの更新情報をいち早くチェックするならTwitterをフォロー!

AMBIFACEトップへ

  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-アパレル用語解説, 初めてのファッション
-

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5