ゆうりです!いつもありがとうございます!

現在、AMBIFACEというファッションブログを運営しています。

 

文章が長くて読みにくいかなと持ったので、ブログで質問を公開させていただきます。

 

【ブログ概要】

・服が似合う顔作り

・コーディネート写真の撮り方

を中心に発信しています。

 

服が似合う顔作り

濱崎さんに教えていただいた「服と顔」についての情報を体系化し、より多くの人が理解できるようにする。

 

(粗削りですが、既に基本は作りました)

【ファッションは顔】服が飛躍的に似合うようになる方法 / 何を着ても似合わないのは何故?
何でも似合うイケメンになる方法 / 何を着ても似合わないのは何故?

続きを見る

 

コーデ写真の撮り方

誰も解説していない、コーディネート写真の撮り方を論理的に解説する。

 

「背景」「ポーズ」「機材」「画角」などの変化が写真にどういう変化をもたらすか?

今のところ成果がよく出ているのはこっちです。アクセスの8割はこちら

 

1人でスマホで出来る、初めてのコーデ写真の撮り方【自撮り】
圧倒的に映える、インスタやWEAR用コーデ写真の撮り方【スマホ自撮り】

続きを見る

 

【顧客】長くなるので主要な定義だけ書きます

1.<服が似合う顔作り>について

・20代男性

・都内在住

・WEARやインスタなどで服について学ぶ

・が、「量産型になりたくない」という欲がある

 

2.<コーデ写真の撮り方について>

・20代男性

・WEARやインスタなどにコーデ写真を投稿したい(今までほとんど撮ったことが無い)

・カメラなどの機材はなく、スマホで撮影する

・情報発信をしたいという欲がある

 

現在ブログを始めてから8ヶ月ほど経過、訪問者数は月に3000は行きますがまだまだ伸び悩んでいます。

 

【今後の展望】

1.オンラインコミュニティ

「服が似合う顔作りを軸としたファッションの追求」「より良いコーデ写真の追求」がメイン。

会費は月1000円を想定。

 

オシャレな方々と交流していれば自然に洗練される、つまり自然にファッションを追求できる場であるというメリット。

インスタやWEARでは貰えない、写真そのものの改善点についてのフィードバックを貰えるというメリット。

 

またお金を貰うことで本気の人が集まり、それだけ場としての品質が上がる。

 

2.物作りと販売

特に顔周りのアイテムや小物。

 

小物は選択肢が多く、何を付けるかに悩む。

使いやすいものを選択肢として提案する。

 

【MBさんへの質問】

1.2つの顧客を1つに絞るか?

現在は「服が似合う顔作り」「コーデ写真の撮り方」のそれぞれに顧客を定義しています。

 

写真を撮る人はファッションが好きで顔作りも必要であることが多いと思うので、主な2つの顧客にも被る所はあると思います。

 

が、1つに絞って集中砲火したほうが良いのかな?という悩みがあります。

 

顧客が求めている情報に被る所があっても、2つの主な顧客を1つに絞るべきでしょうか。

規模の小さな個人ブログが大きなことに手を付けて「二兎を追う者は一兎をも得ず」状態になりそうです。

 

2.情報をどこまで絞るか?

現在は顧客が潜在的に求めている情報も多く書いています。

 

例:「顔作り」に魅力を感じる人へ、服や着こなしなどの情報も書く

 

「顔作り」の顧客には顔に関する情報だけを書くか、服についても書くか悩んでいます。

 

というのも、着こなしなどに関しては他の方(それこそMBさん)が既に発信されているから。

(このブログに来る方は、既に他に参考にしているものがあるという想定です。)

 

あとぼくのファッションは広く受けないから…。

 

なので、現在は「着こなしについても書くけど、他では見ない情報に絞って書く」という形に落ち着いています。

 

しかしこれで本当にいいのだろうか?という疑念が付きません。

疑い続ける事が大事だとは思いますが、MBさんのご意見も参考にさせて頂きたいです。

 

3.探さずとも情報が目に入る仕組みを作るか?作るとしたらどのようなものになるか

YouTubeやメルマガなどの共通点として「自然と新しい情報が入ってくること」が挙げられます。

YouTubeであれば一回登録すれば自然に情報が入ってくるし、Netflixなんかも何も考えなくても次に見るものが分かるように出来ている。

 

自動的に情報が入ってきてそれに触れる事で、ファンになることが多い気がします。

 

現在、ブログにはそのような仕組みがありません。

見る側はわざわざブラウザを開いて、ブログに訪れなければいけません。

 

わざわざお気に入り登録する必要がある。

 

それだけの価値があるブログであればそれでも人は集まるのでしょうが…

どうしてもこの仕組みが無いせいで損をしている気がします。

 

「読者に自動的に新しい情報が入ってくる」という仕組みは必要だと思いますか?

 

必要であるとすれば、どのような仕組みになるでしょうか?

現在想定できているのは「Twitterなど各種SNS」「YouTube(この場合発信する媒体も変わる)」「通知設定」など。

 

「障壁を減らす」という意味ではWebアプリもいいのかなと考えています。

 

ちょっと「自分で考えてまずは試してみろよ」というものが多いですが…MBさんのご意見もお聞きしたいです。

読んでいて何か違和感(もしくは矛盾や非合理的な選択)を感じたところがあれば、合わせて教えて頂けると幸いです。

 

よろしくお願いします

長くなりましたが、よろしくお願いします。

 

貴重なお時間をありがとうございます。

 

AMBIFACEトップページはこちら

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5