コスパファッション 初心者向け 服の選び方

面倒でも試着が大切な理由と2つのポイント【ファッション】

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

みなさん、服を買う時に必ずすべきことが何か分かりますか。

 

それは「試着」です。

 

「試着は大事」とはあちこちで聞くフレーズかも知れませんが

なぜ試着は大切なんでしょう?

 

今回は、試着が大切な最大の理由についてお話します。

 

「私はいつも○サイズ」試着せずにそう決めつけてませんか?

 面倒でも試着が大切な理由と2つのポイント【ファッション】

 

服を買う時、

「とりあえず、トップスはいつもMサイズだから…今回もMにしよう」

みたいに考えていませんか。

 

もしそうであれば…

率直に言うと、その考え方は今すぐ捨てたほうが賢明だとぼくは思います。

 

なぜでしょうか?

 

1つ1つアイテムによってベストなサイズは違う

面倒でも試着が大切な理由と2つのポイント【ファッション】

まず、1つ1つそれぞれのアイテムによってベストはサイズは違います。

 

・ブランドによってサイズの基準は異なる

・アイテムによって、数字上は同じサイズでも体型の見え方が異なる

・1人1人の体型によって体型が綺麗に見えるサイズは異なる

主にこの3つが理由です。

 

例えば、スニーカーブランドのadidasとNIKEではadidasの方がより小さめと言われることが多いです。

同じ25cmを選んだとしても、adidasの方が小さくて足にフィットする感覚が強いということです。

面倒でも試着が大切な理由と2つのポイント【ファッション】

 

もちろんそんな一概には言い切れないし、同じadidasの靴でもモノによって違うので分かりませんが…

少なくとも、ブランドによってサイズの基準は異なります。

 

無印良品の服なんかは日本人の体型により合わせているからか分かりませんが、XLのシャツを選んでもH&MのシャツのLより小さいとか…

ブランドによって考え方が違うので、アルファベットや数字では同じサイズであっても実際に着てみると全く違ったりするんです。

 

 

また同じブランドのアイテムであっても、ものによって実際のサイズの感じは異なります。

 

ある程度は統一されていることは多いですが…やっぱり違ってくるんです。

個人的には高価格帯のブランドほどこの傾向は強いイメージ。

 

https://daimona.info/856/%e5%a4%aa%e8%85%bf%e3%82%84%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%af%e3%81%8e%e3%81%8c%e5%a4%aa%e3%81%84%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e4%bd%93%e5%9e%8b%e3%81%a7%e3%82%82%e8%84%9a%e3%82%92%e7%b4%b0/

 

そして、1人1人の体型(身長やスリーサイズなど)でもベストなサイズは異なります。あと目指す雰囲気。

 

例えば痩せ型の人が「痩せているからがっしり見せたいなあ…」て時は、基本的には大き目を選んだほうが体型が綺麗に見えることが多いと思いますし

 

「逆に痩せているからめちゃ細いやつ着たい」と思うのならば、ジャストサイズもしくはそれよりも小さいサイズを選ぶかもしれません。

https://daimona.info/921/%e7%97%a9%e3%81%9b%e3%81%9f%e7%b4%b0%e8%ba%ab%e4%bd%93%e5%9e%8b%e3%81%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%81%a7%e3%81%8c%e3%81%a3%e3%81%97%e3%82%8a%e3%81%a8%e8%a6%8b/

 

このようにブランドやアイテムによっても、個人の体型や考え方によってもベストなサイズは違います。

(そもそも”何をベストとするか”がそれぞれにとって違う)

 

試着しないとベストなサイズはまずわからない

面倒でも試着が大切な理由と2つのポイント【ファッション】

ベストなサイズはアイテムによっても異なる。

 

そして、それは着なきゃわかりません。

正確には着ても分からないことが多いけど、着なきゃ始まりません。

 

ネットで買おうとすると採寸が書いてあることもありますが…

採寸という数字だけでは分かりません。数字上は同じでも素材によって見え方が全然違います…。

 

色んな要素によって、ベストなサイズは変わります。

だからそれを確認するために、試着は本当に大切なんです。

 

試着の経験があんまりなくて、もしかしたら緊張する方もいらっしゃるとは思いますし、

そもそも面倒だという方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、「試着したいです」と言って嫌がる店員さんは基本的にはいないでしょうし緊張する必要もありません。

 

「詳しくないので教えてください」と言えばほとんどの人は教えてくれると思います。

 

面倒でも緊張しても、試着は本当に大切なのでぜひしてみてください。

 

試着するときのポイント

面倒でも試着が大切な理由と2つのポイント【ファッション】

それで、ただ着てみればOKというわけでもありません。

 

試着するときにいくつか注意してほしいポイントをお話します。

 

色んなサイズを試着する

まず、いろんなサイズを試着してください。

 

とりあえずLサイズ…でよしまあこれでいいかなとなってしまったらあんまり変わりません。

 

Lサイズを着てみるなら、MサイズとXLサイズなど

「多分これだろうな」というサイズの隣のサイズも試してみることを強くおススメします。

 

他人に見てもらう

面倒でも試着が大切な理由と2つのポイント【ファッション】

また、試着をするときは人に見てもらうと分かりやすいと思います。

 

できれば店員さんなど詳しい人に見てもらうとより満足度の高い買い物ができるかなーと思います。

 

自分の感性に絶対の信頼がおけるのであれば必要はないかも知れませんが、

そうでなければ出来るだけ見てもらったほうがいいとは思います。

 

たとえ店員さんであっても、他人の意見で買うものを全て決める必要は全くありませんが

少なくとも一応参考にはしてみてください。

 

人の意見も自分も好みも踏まえたうえで「これにしよう」と言えるといいですよね。

 

人からの意見って貴重なんですよ…。

 

ちなみにH&MとかUNIQLOなどファストファッションブランドでは

店員さん1人当たりのお客様の数が多いはずなのでやめといたほうがいいと思います。

 

しかし、セレクトショップなど試着するときに店員さんがそばに付くショップであれば

「これってサイズ感どうでしょうか?」と聞くと教えてくれると思いますよ。

 

終わり

以上、試着についてのお話でした。

 

・ベストなサイズはLとかMとか40とか数字で決めるのではなくて、実際に着て決めてみよう。

・試着するときはいろんなサイズを着て、ファッションに詳しい他人からの意見も参考にしてみよう。

ということでした。

 

服を買う時は面倒でも試着してみましょう!

 

このブログ「大学生がもっとオシャレになる方法」では自分をさらにオシャレに見せるために必要な情報をお伝えしています。

 

服の着こなし方、オススメアイテム、賢い買い物の仕方、内面についてなどなど。

ファッションの知識が無い方にも、ある程度は服に気を付けている方にも役立つ情報のはずです。

 

気に入って下さった方は、ぜひ他の記事もご覧になっていってください。

 

カテゴリの欄からも、ファッションを始める/始めたての方~ある程度ファッションには気を付けている方へそれぞれ向けて書いた記事をご覧になれます。

 

一緒に読んでほしい記事

https://daimona.info/763/%e3%81%9d%e3%82%82%e3%81%9d%e3%82%82%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8%ef%bc%9f%e3%80%90%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba/

 

https://daimona.info/608/%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%92%e3%82%82%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%82%ab%e3%83%83%e3%82%b3%e3%82%88%e3%81%8f%e7%9d%80%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%84/

 

  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-コスパファッション, 初心者向け, 服の選び方

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5