シルエット 初心者向け

足首と靴がYシルエットを作るポイント【メンズファッション】

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

前回のシルエットについての記事では、ボリュームについてお話ししました。

 

第3回となるここからは実際にシルエットを作る時についてお話していきます。

 

なお、今回の記事では第二回「ボリュームとは?」の内容を踏まえておりますので

まだ読まれていない方がいらっしゃいましたら先にそちらを読まれることを強くおススメします。

 

 

さてまずは三大シルエットの1つ、Yシルエットを作るときにどのようなことに気を付けてみればいいのかをお話します。

カテゴリ「シルエットについて」はこちらからご覧になれます。

Yシルエットを作るときに気を付けてほしい事

Yシルエットとは?

なんとなくお分かりの方が多いとは思いますが

そもそもYシルエットとはどういうシルエットの事でしょうか?

 

Yシルエットというのは、トップスのボリュームがボトムスと靴のボリュームよりも大きくなっているシルエットのことです。

 

 Yシルエットの基本の作り方【メンズファッション】

 

ちょうどアルファベットのYのように「上が大きく下が小さい」となっているシルエットの事ですね。

 

王道でいくとロングコートに細身のスラックス(スーツのズボン)、

ボリュームがおっきいダウンジャケットにスキニーパンツなど

トップスの面積(丈×横幅)を広くして下半身を細身にすることで作れるのがYシルエットです。

 

大きい、小さいは比較によって決まる

で、おそらく読んでいる方の中には「上が大きく下が小さい」って

どれくらい大きければ/小さければいいの?と思われてる方もいらっしゃるはずです。

 

前回のボリュームについての記事でもお話ししましたが

「大きい/小さい」というのは比較によって決まります。

 

例えば上(トップス)が死ぬほど大きければ下(ボトムスと靴)はそんなに細くなくても細く見えますし、

逆に上がそんなに大きくなければ下はそれなりに細くないと細く見えません。

 

これをYシルエットに当てはめて考えると

 

上がロングコートなど丈が長い(ボリュームが非常に大きい)ものであれば下はそんなに細くなくてもYシルエットは成立し、

逆に上がジャケットなどでそこまで丈が長くないと下はそれなりに細くないとYシルエットは成立しにくいです。

Yシルエットの作り方 / 靴に気を付けよう【メンズファッション】

 

例えばこのコーデはYシルエットですが、下はそんなに細くありませんね。

 

靴がかなり大きく、ボトムスもスキニーはスキニーなのですが腰履きしているのでぴっちりと細くはなっていません。

 

ですがコートの丈が長いですし、そこからさらにストール(マフラーの大きい版みたいなもの)をかけていて上のボリュームは十分にあるので

このように上にしっかりとボリュームがあれば下はそんなに細くなくてもYシルエットは成立します。

 

Yシルエットの作り方 / 靴に気を付けよう【メンズファッション】

 

こっちでも、そんなに下は細くないですね。

大きい靴を履いてますしパンツの裾にクッション(クシャクシャのシワ)が付いていますが一応Yシルエットにはなっています。

 

Tips

パンツにクッションが付くとその分太く見えます。

 

Yシルエットと言えばスキニー!という方は多いかも知れませんが

次にお話しする靴のボリュームにさえ気を付けていればパンツ自体はそんなに細くなくても案外いけますよ。

 

下半身のシルエットを作るときは靴が大切

Yシルエットに限らずシルエットを考える際に意識してほしいことがあります。

 

それはトップスとボトムスだけでなく、靴のボリュームにも気を付けてほしいということです。

 

下を細くする…というと細身のパンツを履けばOK!と思われる方も多いとは思いますが

細身のパンツでも靴にボリュームがあって太ければ印象的には下は細身に感じられにくいです。

 

靴で下半身のシルエットの印象が大きく左右されるんです。

 

Yシルエットの作り方 / 靴に気を付けよう【メンズファッション】

 

例えばこのコーデではパンツはめちゃくちゃ太いですが、靴が細身のためYシルエットになっています。

 

それで…この点に関しては意見が分かれると思いますし、私も確固たる自信はないので十分留意していただきたいのですが

Yシルエットを作るのであれば、靴がパンツよりも細いか同じ太さのほうが成立はしやすいと思います。(あくまで”しやすい”です。)

 

安全第一ならば足首まで丈があって細い靴を合わせてみるといいかも。

 

安いものだとCONVERSEのCHUCK TAYLOR HIとかですね。

もしくはZARAなどにあるブーツもそれなりに手頃でオススメです。

 

Yシルエットの作り方 / 靴に気を付けよう【メンズファッション】

出典 : https://shop.converse.co.jp/shop/g/g31303562210/

◆CONVERSE 「CHUCK TAYLOR ALL STAR 100 DIGIAL BIT HI」
https://shop.converse.co.jp/shop/g/g31303562210/

 

Yシルエットの作り方 / 靴に気を付けよう【メンズファッション】

出典 : https://www.zara.com/jp/ja/-p11107610.html?v1=94003875&v2=1703984

◆ZARA 「トラックソールフラットリアルレザーアンクルブーツ」
https://www.zara.com/jp/ja/-p11107610.html?v1=94003875&v2=1703984

 

パンツの太さは裾幅に注目

Yシルエットだと下を細く、つまりパンツを細身にするのが定石なわけですが

スキニーみたいに太ももから裾まで細いものを履く必要が必ずしもあるわけではありません。

 

パンツが細身か否かの印象は、裾によって大きく変わります。

 

スキニーのように太ももから裾までギュッと細いものでなくとも

「テーパード」といって太ももから裾にかけて徐々に細くなっていっているパンツ(つまり太ももはそんなに細くないけど裾は細い)でも

印象的には細身に見えるんです。

 

Yシルエットの作り方 / 靴に気を付けよう【メンズファッション】

出典 : https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E439951-000/00?colorDisplayCode=07

 

例えばこれはUNIQLOのスマートアンクルパンツですが、これも細身に見えるパンツですね。(そもそも太もももそれなりには細いけど)

◆UNIQLO 「スマートアンクルパンツ(2WAYストレッチ・ウィンドペン・丈標準64.5~70.5cm)」
https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E439951-000/00?colorDisplayCode=07

 

写真ではクッションを着けず足首が出るサイズ感ですが、そこも重要ですね。

大きいサイズを選んで足首が隠れてクッションが付くと太めに見えると思います。

 

Yシルエットは特に基本となるシルエットなのでぜひ押さえたい

多くの方々にとって、Yシルエットは特に寒くロングコートを着る機会が多い時期に作ることが多いシルエットだと思います。

 

Yシルエットを作る際は

・トップスのボリュームは十分か?

・靴が理由なく太すぎないか

特にこの2つに気を付けてみてください。

 

終わり

以上、Yシルエットを作るときに気を付けてほしい事についてでした。

何か追加や変更点があれば随時修正します。

このブログ「大学生がもっとオシャレになる方法」では主にメンズ大学生の方々に向けて、自分をさらにオシャレに見せるために必要な情報をお伝えしています。

 

服の着こなし方、オススメアイテム、賢い買い物の仕方、内面についてなどなど。

ファッションの知識が無い方にも、ある程度は服に気を付けている方にも役立つ情報のはずです。

 

気に入って下さった方は、ぜひ他の記事もご覧になっていってください。

 

カテゴリの欄からも、ファッションを始める/始めたての方~ある程度ファッションには気を付けている方へそれぞれ向けて書いた記事をご覧になれます。

 

一緒に読んでほしい記事

https://daimona.info/507/%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ab%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%81%aezara%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%a8%e5%b1%a5%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b%ef%bc%81/

 

https://daimona.info/704/%e3%80%90%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%e8%a7%a3%e8%aa%acvol-4%e3%80%91%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%af%e4%b8%8b%e5%8d%8a%e8%ba%ab%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83/

 

https://daimona.info/856/%e5%a4%aa%e8%85%bf%e3%82%84%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%af%e3%81%8e%e3%81%8c%e5%a4%aa%e3%81%84%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e4%bd%93%e5%9e%8b%e3%81%a7%e3%82%82%e8%84%9a%e3%82%92%e7%b4%b0/
  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-シルエット, 初心者向け
-

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5