シルエット 初心者向け

シルエット作りで気を付けてほしい”ボリューム”とは?

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

シルエット作りで大切なボリュームについて

ファッションにおいてシルエット作りはとても重要です。

 

で、例えばYシルエットを作ろうとすると上をでっかく、下を細くすればいいわけですが…

その「でかい」「細い」とはどういうことでしょう。

 

どこからが大きくて、どこからが細いのか…いまいちわかっていないという方もいらっしゃるでしょう。

 

今回の記事では、その「大きい」「小さい」「太い」「細い」というのがどういうことかを説明していきます。

 

なお、この記事は前回の記事の続きです。

まず前回を読まれてからこの記事に進まれることをオススメします。

 

前回の記事

https://daimona.info/763/%e3%81%9d%e3%82%82%e3%81%9d%e3%82%82%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8%ef%bc%9f%e3%80%90%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba/

 

ボリュームとは主に”正面から見た時の面積”。

まず、ぼくは「ボリュームがある/ない」などという言い回しをしていきますので

ボリュームとは一体何なのかを説明させていただきます。

 

ボリュームというのは、主に「正面から見た時の面積」だと思ってください。

 

通常は、正面から見た時の面積が広ければボリュームが大きく、逆に狭ければボリュームがそれだけ小さくなります。

 

”丈”と”幅”がヒント。

で、面積というと縦×横で求まりますよね?

 

それを服で考えると…丈×幅でボリュームが決まることになります。

 

シルエット作りで気を付けてほしい”ボリューム”とは?

出典 : https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E437143-000/00?colorDisplayCode=31

例えばこういうコートの場合は、幅はそこそこ、丈はとても長いのでボリュームがかなりあるアイテムとなります。

ボリュームがあるトップスといえば、まず作りやすいのはYシルエットですね。

 

シルエット作りで気を付けてほしい”ボリューム”とは?

出典 : https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E425042-000/00?colorDisplayCode=69

またこのジャケットであれば、幅も体にフィットするように細身かつ丈も短いのでボリュームは少なめになります。

ボリュームがないトップス…というとまずは上下ともに細いIシルエットか、上が細く下が太いAシルエットを作るのがやりやすいわけです。

 

 

シルエット作りで気を付けてほしい”ボリューム”とは?

出典 : https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E432645-000/00?colorDisplayCode=66

一方、このダウンジャケットは丈は短いもののダウンという性質上もこもこで幅が広く見えるためボリュームは(上のジャケットよりは)ある方です。

ということは…まずは下を細くするYシルエットがやりやすいですね。

 

ボリュームがあるダウンジャケットではYライン以外作れない!などという訳では決してありませんが…

「アイテムのボリューム」を知ることによって、まずどんなシルエットを作ってみたらいいのかが分かります。

 

靴のボリュームは?

で、”丈”と”幅”でボリュームが分かるよっていうのは服の場合だとイメージしやすいと思うんですけど

靴のボリュームはどんな風に理解すればいいんでしょう?

 

靴のボリュームは”甲の高さ”と”ソールの厚さ”が重要。

まず面積を求めるには縦×横、でしたね。

 

靴に当てはめてみると、横が”幅”なのは変わりませんが…縦は”甲の高さ”と”ソールの厚さ”になります。

甲?というかたは、スニーカーの前面で靴紐がぐるぐる通っているところをイメージしてください。

 

シルエット作りで気を付けてほしい”ボリューム”とは?

 

甲が高ければ高いほど、ソールが高ければ高いほど、そして横幅が広ければ広いほどボリュームがある靴という認識でまずはOKです。

 

ただ、ソールが厚くておっきな靴でもボリュームがそれほど大きく感じないものというものがあります。

足首部分が細いものだとかはそうですね。

 

蛇足ですが…例えば、BALENCIAGAというブランドのスニーカーで"Triple S"というモデルがあります。

シルエット作りで気を付けてほしい”ボリューム”とは?

出典 : https://www.balenciaga.com/jp/triple-s-shoes_cod11804820kx.html#/jp/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/triple-s-%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA

 

デカいはかなりデカいんですが…それはソールがデカいからであって

履いてみると履き口(足首のとこ)は普通のスニーカーと同じくらいの太さしかなく意外とすっきりして見えます。

 

シルエット作りで気を付けてほしい”ボリューム”とは?

参考 : https://www.zara.com/jp/ja/-p11117510.html?v1=51048819&v2=1704041

またこういうブーツも、ソールはごついですが履き口は細めなので印象的には主ッとして見えます。

 

このように、靴のボリュームは”甲の高さ”、”ソールの厚さ”、そして”横幅”を見れば分かりやすいですが

履き口(足首部分)が細くなっているものは比較的細めに見えやすいという感じです。

 

ボリュームがあるかないかは相対的に決まる

で、ここからが特に大切なところです。

 

大きい/小さい、太い/細いは相対的という話です。

 

同じ大きさの円でもより大きい円が隣にあれば小さく見えますし、逆に小さな円の隣なら大きく見えます。

 

そしてそれはファッションでも同じことです。

 

つまり、Yシルエットを作るときの「上を大きく、下を細くする」みたいな”大きい”と”小さい”は相対的に決まるのです。

 

例えばこれ。

シルエット作りで気を付けてほしい”ボリューム”とは?

この場合、シルエットはYシルエットになるわけですが…

見てみると下のパンツはそこまで細くありません。むしろ太いくらいです。

 

ですが、”上のコートよりは”細いので結果的には「上が大きく下が細い」Yシルエットになっています。

また、靴も細身なため下半身の印象は細身に感じるわけです。

 

Yシルエットを作ろう!となったらコートを着て下はスキニーパンツにしなきゃいけない…というわけではなくて上(トップス)と対比して下(パンツと靴)が細ければ成立します。

そしてそれはYシルエットだけではなく…ほかのシルエットでも同じ。

上が細く下が太いAシルエットであれば、下が極太のパンツであれば上はそこまで細くなくても成立したり。

 

太いか細いか…ボリュームは相対的に決まるというのは重要ですので是非覚えておいてください。

 

終わり

以上、シルエット作りで気を付けてほしいボリュームについてのお話でした。 

 

また次回では、具体的なシルエット作りについてやろうかな…と考えています。

 

このブログ「大学生がもっとオシャレになる方法」では主にメンズ大学生の方々に向けて、自分をさらにオシャレに見せるために必要な情報をお伝えしています。

 

服の着こなし方、オススメアイテム、賢い買い物の仕方、内面についてなどなど。

ファッションの知識が無い方にも、ある程度は服に気を付けている方にも役立つ情報のはずです。

 

気に入って下さった方は、ぜひ他の記事もご覧になっていってください。

カテゴリの欄からも、ファッションを始める/始めたての方~ある程度ファッションには気を付けている方へそれぞれ向けて書いた記事をご覧になれます。

 

一緒に読みたい記事

https://daimona.info/43/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%81%ae%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e8%b3%a2%e3%81%84%e3%81%8a%e9%87%91%e3%81%ae%e3%81%8b/

 

https://daimona.info/726/%e8%84%b1%e5%9c%b0%e5%91%b3%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e6%b4%be%e6%89%8b%e3%81%aa%e8%89%b2%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a%e5%85%a5%e3%82%8c%e6%96%b9%e3%82%92%e8%a7%a3%e8%aa%ac%ef%bc%81%e3%80%90%e5%a4%a7/

 

https://daimona.info/261/%e3%83%96%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%81%8c%e3%82%a4%e3%82%b1%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%81%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%a7%e5%8b%9d%e3%81%a4%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%80%90/
  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-シルエット, 初心者向け
-,

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5