ファッションスナップ 脱量産型する方法

70sを着る『フレアパンツ』の最高にオシャレなスナップ集【メンズ2021】

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

クラシックが潮流の今、注目したいのは『フレアパンツ』です。

ヒッピー文化によりファッションへ落とし込まれたフレアパンツは70s、つまりクラシックの代名詞。

 

今回は「70sを着る『フレアパンツ』の最高にオシャレなスナップ集【メンズ2021】」について。

 

クラシックの流れの今注目の『フレアパンツ』

音楽や写真などでも『ちょっと古臭くてオシャレ』を表すのに「エモい」という言葉がありますが…

『懐古』を好む方は多いはず。

 

70sを着る『フレアパンツ』の最高にオシャレなスナップ集【メンズ2021】

https://www.vogue.com/fashion-shows/fall-2021-menswear/louis-vuitton/slideshow/collection

LOUIS VUITTON 2021-2022AW

 

70sを着る『フレアパンツ』の最高にオシャレなスナップ集【メンズ2021】

https://www.vogue.ru/collection/autumn_winter2021/menswear/paris/Jil_Sander/#1525064

 

ハイブランドからも、肩パットの入ったジャケットや革靴、そしてフレアパンツなどの『ちょっと古臭い感じ』が提案されています。

ただ、それに有彩色やグラフィック、リラックス感などの要素を取り入れたのが今のトレンドの流れ。

 

ファッションにおいては、トレンドを気にするも気にしないも自由です。

ただトレンドとは『その時皆がオシャレだと感じているもの』なので、人にオシャレだと思って貰うのであればトレンドは便利な道具になります。

『誰のためにファッションをするのか?』が関係してきますね。

 

フレアパンツは『クラシック』の代名詞

フレアパンツというと1970年代。70s(セブンティーズ)です。

「ヒッピーファッション」ていうやつですね。

 

数年前までは「古臭くて本当に一部の人しか履いていない」のがフレアパンツでしたが、最近はすっかりファッショナブルなものとして捉えられてますね。

 

シルエットとしては『クセ』があるものですし、履くだけでちょっとだけ差別化できるアイテムです。

では、フレアパンツの着こなしを実際に見ていきます。

 

『フレアパンツ』の最高にオシャレなメンズスナップ集

1.フレアアパンツの『綺麗』な履き方

https://nyc-looks.com/post/633675838822514688/carter-27-im-wearing-carvil-boots-vintage

コーデ分析

  1. キレイめ:カジュアル・・・7:3
    • キレイめ・・・スラックス、革靴、黒、レザー素材、襟の大きいアウター
    • カジュアル・・・タンクトップ、柄
  2. シルエット・・・Iラインシルエット
    • ジャストサイズのアウター、タックイン
    • 細身のパンツ、細い靴

まずは模範的なフレアパンツの使い方。

クッションを溜めず履けばフレアシルエットの曲線が美しく出る。そこに細身のブーツを合わせれば脚が格段に綺麗に見えます。

 

タンクトップで思い切り肌を見せるのも良いですね。肌が見えると抜け感が出てちょっと色気が出ます。

 

フレアシルエットと言えど、アイテムの使い方はデザインによります。

フレアスラックスであればスラックスとして、フレアジーンズならばジーンズとして使えばOK。

 

身長が高い方はぜひコレを真似したい。強めのパーマも相まって、なんだかアメリカ系古着屋の店員さんに良そうな雰囲気です。

 

2.ストレートを『クッション』でフレアシルエットに

https://www.vogue.co.jp/collection/brand/louis-vuitton/22aw-mens/runway

コーデ分析

  1. キレイめ:カジュアル・・・7:3
    • キレイめ・・・シャツアウター、肩パット、スラックス、落ち感のある素材
    • カジュアル・・・有彩色、スニーカー、半袖、クッション
  2. シルエット・・・Iラインシルエット
    • 短丈のトップス
    • ストレートパンツのクッション溜め、スニーカー

LOUIS VUITTON 2021-22AWコレクションから。

これはほとんどストレートに近いパンツのはずですが、裾にクッション(シワ)を溜めるとフレアのようなシルエットに。落ち感の強い素材だと自然なクッションになりますね。

 

こういう『クッションでストレートをフレアぽく見せる』のが個人的には好き。

リラックス感とフレアの両方の表現が出来る。

 

ジャケットなどの崩しのカジュアル要員としては、クッションなしのフレアだと物足りない。クッションを溜めることによるリラックス感も合わせてカジュアル要員にしたい。

 

原色が最近提案されるようになったのも、近年のモノトーン⇒ペールトーン(薄い色)の変化の先ですね。

来年あたりでは街中のメンズファッションでも強い色を見かける機会が増えるはず。そうしたら逆に弱い色が新鮮になるわけですが。

 

3.フレアパンツ × ボリュームシューズ

https://i.pinimg.com/originals/c0/cd/8c/c0cd8c14446657706f1b80c00f779d85.jpg

コーデ分析

  1. キレイめ:カジュアル・・・8:2
    • キレイめ・・・ジャケット、シャツ、カーディガン、スラックス
    • カジュアル・・・ボリューム感のある靴、フレアシルエット
  2. シルエット・・・Yラインシルエット
    • オーバーサイズのジャケット
    • 細身のフレアパンツ、ボリューム感のある靴

肩パットの入ったジャケットにフレアパンツを履けば、いよいよエモい雰囲気に。

これくらいのやりすぎないフレアであれば、客観的にも受け入れられやすい。つまりオシャレだという評価を貰いやすい。

 

フレアシルエットはボリューム感の強い靴と相性が良い。ちょうどよく裾が被さって靴のボリュームを抑えてくれます。

 

このままキレイめ強めでもいいですし、ジャケットのインナーをプリントTなんかにしても良いですね。

 

4.ダルプリントT × フレアジーンズでグランジテイストに

https://www.reddit.com/r/malefashion/comments/hysjos/im_more_of_a_ringo_guy_myself/?utm_source=share&utm_medium=ios_app&utm_name=iossmf&utm_term=link

コーデ分析

  1. キレイめ:カジュアル・・・4:6
    • キレイめ・・・革靴、タックイン
    • カジュアル・・・半袖Tシャツ、ジーンズ、色落ち、プリント
  2. シルエット・・・Iラインシルエット
    • 半袖の前だけタックイン
    • フレアパンツ、つま先がやや細い靴

グランジ感のあるコーデ。超好みです。

色褪せたプリントTシャツに、激しく色落ちしたフレアジーンズ。

 

『タックイン』+『細身のパンツ』で緩めのIラインシルエットが出来ています。

 

こういう前だけをクイッとするタックインは上級者感が出る。通常のオールタックインよりもカジュアルめのタックインです。

こういう着こなしは『顔の雰囲気』を作らないと中々カッコよく見えませんが、うまくいけば上級者コーデに。

 

これだけ読めばマスター。”3種類”のタックインのやり方と使い方を解説【メンズ】

続きを見る

 

もう少し小綺麗な感じにしたいな~という方は、上をブロードのシャツにするかジーンズを色落ちしてないものにしてもいいですね。

 

フレアのジーンズは古着で探せば安く手に入ります。

じゃなかったらLevi'sあたりで新品を買っても良いですね。1万円くらいで買えます。

 

5.さりげないフレアシルエットは使いやすい

https://www.vogue.co.jp/collection/trends/2017-06/14/garconjon

コーデ分析

  1. キレイめ:カジュアル・・・6:4
    • キレイめ・・・革靴、タックイン、シャツ
    • カジュアル・・・デニム、有彩色
  2. シルエット・・・Iラインシルエット
    • タックイン
    • 細身のフレアジーンズ、細身の靴

最後は正統派のフレアパンツ。綺麗なインディゴ色で、やりすぎないフレアシルエットのジーンズ。

 

これくらいのさりげなさであれば、普通に『細身のジーンズ』として着られるので使いやすい。

 

こういうシャツをタックインする着こなしをしている人は多いので『普通』になりがちですが…

派手な赤のシャツで、色を髪の毛と『リレーション』することにより上級者感のある着こなしに。

 

髪の毛が短い方は、『カラーワックス』を使ってその日の服と色を合わせてもいいですね。

『髪と服のリレーション』は一気に上級者に見えます。

 

『フレアパンツ』で70sクラシックを楽しもう

  1. フレアパンツは『クラシック』の代名詞
  2. ジャストで履けば綺麗な曲線が出る。緩めにクッションを溜めればリラックス感が出る。
  3. ストレートパンツを緩く履いても『フレアのような』シルエットに
  4. フレアスラックスなら普通のスラックスと同様、フレアジーンズならジーンズの使い方で。

以上、「70sを着る『フレアパンツ』の最高にオシャレなスナップ集【メンズ2021】」でした。

 

デザインをゴテゴテと足すことなく、シルエットで変化を付けられるのがフレアパンツの魅力。

「あまり飾りすぎない」が個人的には狙いたいポイントですが、その意味でもフレアパンツは注目したい。

 

攻略すれば上級者、『ネクタイ』最高の着こなし集【メンズ 2021】
攻略すれば上級者、『ネクタイ』秋にしたい最高の着こなし集【メンズ 2021】

続きを見る

 

最近YouTube始めたよ

中の人のゆうりです。最近YouTube始めました。テキトーにやってます^^

 

 

カテゴリ一覧はこちら

 

公式Twitterで更新情報をいち早くチェックする

ブログの更新情報をいち早くチェックするならTwitterをフォロー!

AMBIFACEトップへ

  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-ファッションスナップ, 脱量産型する方法
-,

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5