ファッションスナップ 脱量産型する方法

5つのファッションスナップで学ぶ、春の「抜け感」の出し方【メンズ】

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

ここでは、海外のファッションスナップを参考に「抜け感」とはなにか、その出し方についてお話します。

 

抜け感とは

5つのファッションスナップで学ぶ、春にできる「抜け感」の出し方

まず、抜け感とは何かを簡潔にですが確認したいと思います。

 

抜け感とは、キメすぎない(≒キレイめすぎない)ラフな感じの事を言います。

 

全身スーツだったらきっちりとキマッた感じですが、

そこからシャツのボタンを開けたり、袖をまくったりズボンを腰履きしたりしてカジュアルに寄せることでラフな印象が付きます。

 

「どんな服を着るか」というよりも、服をとりあえず着てみたその先「どう着るか」で抜け感を出すことが多いでしょう。

 

…実際に着こなしを見たほうが早いかも知れませんので見ていきましょう。

 

春の抜け感その1 首元と腕、足首で出せる抜け感

首と手首、足首を見せて抜け感を出したスタイル

出典 : https://theimpression.com/new-york-fashion-week-street-style-spring-2018-day-5-myoungsoo-lee/

首元が大きくあいたタンクトップの上にシャツを重ね着し、

そのシャツのボタンを大きく開けることで首元(というか胸元)をちょっと見せる事で抜け感を出しています。

 

また、半袖シャツの袖をまくって二の腕をもう少し見せてあげて抜け感を出しています。

 

極めつけは足首。

アンクル丈(よりも短い)パンツを履いて足首を露出させても抜け感を出しています。

 

ちょっと袖をまくったり、シャツのボタンを開けたり…

抜け感を出す方法の多くは「肌を見せる」です。

 

抜け感を出すとちょっとセクシーになりますし、暑苦しさが消えます。

 

この方の場合は半袖で、シャツの色も白なので暑苦しさはそもそもありませんが

肌を出してあげるともっと爽やかな印象がでますね。

 

春の抜け感その2 やっぱり手首と胸元で出す

首と手首、足首を見せて抜け感を出したスタイル

出典 : https://www.gq.com/gallery/street-style-new-york-fashion-week-men-spring-2018/amp

この方も抜け感を出方がすごくいい感じですね。

 

首元を大きく出して、袖をまくって手首も出しています。

 

足首は出ていませんが、首元と手首をだすだけでも十分抜け感が出ています。

 

袖をまくるときはこれ位がっしりまくってもいいですね。

 

また、袖をまくるとそれだけ上半身のボリュームが抑えられますので

上が小さく下が大きいシルエットであるAシルエットが綺麗にできています。

 

これ、袖をまくんないとここまで綺麗なAシルエットにはならないはずです。

 

春の抜け感その3 シャツは前をガバッと開けてもいい

シャツのボタンを開けて抜け感を出したスタイル

出典 : https://hypebeast.com/2016/9/streetsnaps-heron-preston-dsny-uniform-collection-new-york-city

この方のポイントは、シャツのボタンを閉めないで前をガバッと出していること。

 

シャツのボタンを閉めるときちんとキレイめな感じ(スーツの時もボタンは全部閉めますね)になりますが、

この方みたいにボタンは閉めないでもいいですね。こっちのほうが抜け感が出てカジュアルな感じです。

 

シャツのボタンを閉めない+袖をまくって手首を出すのコンボはかなり抜け感が出ます。

 

この方の場合はシャツの中に着ているTシャツがスケスケのメッシュ素材ですが…

ここまで攻めるのは抵抗がある方は、VネックのTシャツとか普通のクルーネック(丸首)のでもいいかも。

 

春の抜け感その4 腕まくり+パンツのクッション

腕まくりとパンツのクッションで抜け感を出したスタイル

出典 : https://www.gq.com/gallery/street-style-new-york-fashion-week-men-spring-2018#39

ぼくも大好きなのですが、ロング丈のアウターを着る時はなんとなく袖はまくりたくなりますね。

 

この方の場合は腕まくりもそうですが、パンツの裾のクッションにも着目したいです。

 

クッションというのは裾に出来るクシャッとしたシワのこと。

 

パンツはクッションが溜めると太く見えてシルエットが崩れやすいものですが、

ロング丈のアウターであれば上のボリュームが十分あるので、パンツの裾にクッションが付いてもYシルエットが成立します。

 

これは見解が分かれそうですが…

抜け感というのは手首など肌を見せるだけじゃなくてパンツにクッションを溜める事でも出せると思います。

 

ただその分シルエットには気を遣いましょう。

 

この方みたいにロングコートを履いて細めの靴を履けば多少クッションがついても全体のシルエットは崩れにくいはずです。

 

春の抜け感その5 わざと着崩して抜け感を出す

シャツを着崩して抜け感を出したスタイル

出典 : https://fashionista.com/2019/06/new-york-fashion-week-mens-street-style-spring-2020

この方の場合、注目したいのが着崩したシャツです。

 

シャツのボタンをしっかり占めて裾をパンツにインするときはしっかり全部インすると

ちょうどスーツの時のシャツの着方になり「キレイめできちんとした印象」になりますが…

 

スーツの時は、シャツをしっかりしまう

スーツの時はシャツの裾をしっかりしまう。

 

この方のようにシャツのボタンはほとんど閉めないでインするのも裾の片っぽだけ、みたいにすると

堅苦しくないというか、少し「カジュアルな印象」になります。

 

仕事用のスーツでこのような着方をするとだらしなく見えちゃいますが、

普段着であればこういう着方も「程よく力が抜けた感じ」になりむしろ好ましい場合が多いでしょう。

 

着こなしでカジュアルにすると上級者の着こなしに見えやすいです。

 

この方の場合も着ている服はシャツにカーディガン、スラックスにハットとキレイめなアイテムが多いですが

着こなしを崩して抜け感が出ているのでキレイめになりすぎることはなく、程よくカジュアルな印象になっていますね。

 

春のファッションは抜け感を意識してみよう

以上、「春の抜け感」ファッションスナップでした。

 

・シャツのボタンを開けたりVネックを着て首元を出す

・袖まくりをして手首を出す

・アンクル丈のパンツで足首を出す

・パンツにクッションを着けたり、だらしない着方をする

などで抜け感を出すことができます。

 

アイテム選びだけじゃなくて、着こなしでカジュアルにするのがコツです。

 

最近YouTube始めたよ

中の人のゆうりです。最近YouTube始めました。テキトーにやってます^^

 

 

カテゴリ一覧はこちら

 

公式Twitterで更新情報をいち早くチェックする

ブログの更新情報をいち早くチェックするならTwitterをフォロー!

AMBIFACEトップへ

  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-ファッションスナップ, 脱量産型する方法

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5