ファッションスナップ 脱量産型する方法

『ロールアップ/裾まくり』ダサいと言わせない着こなし解説【2022メンズ】

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

ロールアップ(裾まくり)はカジュアルな着こなし。

意外と分かったフリをしがちなモノですが、コーデ作りの中でかなり重要な役割を持ちます。

 

今回は「『ロールアップ/裾まくり』基本のスナップ着こなし解説【2022メンズ】」

ロールアップの意味から、実践的な着こなしまで一緒に見ていきましょう。

 

『ロールアップ』とは

ロールアップとは裾まくりの事。

カジュアルな印象がある着こなし方です。

 

つまり…スラックスなどフォーマルな印象があるパンツでも、ロールアップをするとフォーマル感が薄れる。

ジーンズのようなカジュアルな印象があるパンツなら、もっとカジュアルな印象に。

 

『幅』にも注目

ロールアップは『まくり幅』でも印象が変わります。

 

太くがっつりまくったらカジュアルな印象が強い。

逆に、少しだけならカジュアル感は弱い。

 

こういう「こんなん違い出ないだろ」な細分化が重要です。

まあ実際に見たほうが早いので、ファッションスナップを参考に解説します。

 

『ロールアップ/裾まくり』スナップ着こなし解説【2022】

1.カジュアルな着こなし、ロールアップ

https://www.pinterest.jp/pin/873557658943235223/

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・7:3(程よくキレイめ:大人に理想的)
    • キレイめ・・・タートルネック、ニット、革靴、黒
    • カジュアル・・・ジーンズ、ロールアップ
  • シルエット・・・Iラインシルエット
    • 細身のトップス
    • やや細身のパンツ、細身の靴

「着崩し」になるロールアップ

タートルネックのニットや、革靴などのフォーマルなアイテム。

フォーマルすぎても普段着としてはキメすぎなので、カジュアル要素が要る。

 

ジーンズを合わせれば簡単にカジュアルダウン。

加えて「ロールアップ」でさらにカジュアル要素が足される。

 

結果的に、フォーマルすぎずちょうど良いバランスになってます。

 

シンプルコーデにロールアップで装飾を

全体的にはシンプルなコーデ。

ただ、デニムの表情やロールアップで装飾があり地味ではない。

 

服にもよるけど、表と裏の色が違うパンツでロールアップすると装飾になりますね。

とりあえず装飾を足せばいいってもんじゃないけど、「シンプルスタイル+ロールアップ」はちょうど良いバランス。

 

2.ロールアップでシルエット作り

https://i.pinimg.com/originals/4a/42/13/4a4213f69f7b3185a57bab0ed5cf24c4.jpg

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・5:5(ラフ:若者の普段着)
    • キレイめ・・・黒、細身のパンツ、タックイン
    • カジュアル・・・ダウンジャケット、白T、ジーンズ、スニーカー、有彩色、ニット帽
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • ボリューム感のある短丈アウター
    • 細身のパンツ、細身の靴

「ハイカット+ロールアップ」で簡単Yラインシルエット

ハイカットのスニーカーに、細身のパンツをロールアップ。

パンツの太さに関わらず、足首から下が細く”見えて”いれば下半身は細身な印象に。

 

下が細身に見えてれば、上が大きくとも小さくともYラインかIラインにはなる。

困ったときは「ハイカット+ロールアップ」です。

 

大人っぽくするなら

このコーデはややラフめ。若者の普段着くらい。

 

大人の方が着こなすなら、インナーをタートルネックにしてもいいですね。

ダウンじゃなくてロングコートにすればグッと大人っぽく見える。寒いけどね。

 

3.ロングコート×ロールアップ

https://www.gq-magazine.co.uk/gallery/paris-womens-fashion-week-street-style-aw17-men

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・6:4(ややラフ:普段着にちょうど良い)
    • キレイめ・・・トレンチコート、黒と白、細身なシルエット(パンツ・靴)
    • カジュアル・・・ジーンズ、スニーカー、Tシャツ、ロールアップ、有彩色
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • ロングコート
    • 細身のパンツ、細身の靴

ロングコートをロールアップでカジュアルに

フォーマルな印象があるロングコート。(ものにもよる)

 

丈が長くトップスが隠れやすい。”外から見える範囲”のパンツと靴でいかにカジュアルダウンするか。

外から見えてなかったら、何着てても客観的には変わんないすからね。

 

ジーンズをロールアップすれば、効果的にカジュアルダウンできる。

 

この感じだとややラフめ。もう少し大人っぽくしたいなら靴を革靴にしてもグッド。あと色を減らしても良いですね。

 

4.黒デニムでロールアップすると…?

https://otokomaeken.com/mensfashion/71663/16

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・6:4(ややラフ:普段着にちょうど良い)
    • キレイめ・・・ロング丈、モノトーン、ニット
    • カジュアル・・・ミリタリーコート、デニム、スニーカー、ロールアップ、ソックス見せ
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • ロングコート
    • 太いパンツ、足首見せ、スニーカー

ロールアップを目立たせない方法

表と裏の色差が無いか少ないパンツなら、ロールアップが目立ちにくくカジュアル感が強く出ない。

青のデニムとかだと「おら!まくってるぞ!」で目立つけど、黒ならほとんど分かんないですからね。

 

シルエットは整えたいけど、カジュアル感はあんまり出したくないなら。

 

足首部分を出す意味

ロールアップなどで細い足首部分が見えると、下半身が細身な印象に。

 

Yラインというと細身のパンツをイメージするはずですが、細い足首部分を見せればパンツは太くてもOK。

ちゃんとメリハリが付いて美しいシルエットになります。

 

5.フォーマルスタイル×ロールアップ

https://www.gq.com/gallery/paris-fashion-week-street-style-fall-winter-2019

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・7:3(程よくフォーマル:大人に理想的)
    • キレイめ・・・ジャケット、スラックス、モノトーン
    • カジュアル・・・チェック、スニーカー、ロールアップ
  • シルエット・・・Iラインシルエット
    • ジャストの短丈アウター
    • 細身のパンツ(ロールアップ)、スニーカー

フォーマルスタイルを崩すロールアップ

ジャケット×スラックスのフォーマルスタイル。

カジュアルなアイテムとしてスニーカーがありますが、色はフォーマルな黒なのでもう少しカジュアル要素が欲しい。

 

パンツをロールアップすれば、それが程よいカジュアル要素に。

フォーマルスタイルの中で光るロールアップです。

 

「短丈アウター×足首見せ」でIラインシルエット

短丈のアウターで上のボリュームを抑えつつ、足首を見せ下半身を細身に見せる。

これでIラインシルエットが成立。

 

フォーマル×カジュアルのバランスも、大人の方に理想的ですね。

 

「ロールアップ」の基本を攻略

  1. ロールアップ:カジュアルな着こなし
    • 太くガッツリ⇒カジュアル強
    • 少しだけ⇒カジュアル弱
  2. ロールアップでシルエット作り
    • 足首部分を出せば下が細身に:YラインやIライン

何でも基本が大事。

「名詞」「動詞」「修飾」が分からなければ言語学習は出来ないのと同様。

 

ロールアップは「そんなん知ってるわ」とつい分かったフリをしてしまう着こなしのはず。

コーデで重要な『カジュアル×フォーマルのバランス』『シルエット』に重要な影響を及ぼすのがロールアップなので、もう一度振り返って実践してみましょう。

 

最近YouTube始めたよ

中の人のゆうりです。最近YouTube始めました。テキトーにやってます^^

 

 

カテゴリ一覧はこちら

 

公式Twitterで更新情報をいち早くチェックする

ブログの更新情報をいち早くチェックするならTwitterをフォロー!

AMBIFACEトップへ

  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-ファッションスナップ, 脱量産型する方法
-

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5