ファッションスナップ 脱量産型する方法

意外と知らない『シャツ』最高の着こなしスナップ集【2022メンズ】

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

シャツと言えば、定番のトップス。

フォーマルで大人っぽい印象があり、若者以外でも抵抗なく取り入れやすい。

 

今回は「意外と知らない『シャツ』最高の着こなしスナップ集【2021秋冬メンズ】」。

意外と着こなしがテキトーになりがちなアイテム。もう一度おさらいしてみましょう。

 

意外と知らない『シャツ』最高の着こなしスナップ集

1.『無地白シャツ』はフォーマルで大人っぽい

コーデ分析(右)

  • フォーマル:カジュアル・・・6:4(程よくラフ:普段着にちょうど良い)
    • キレイめ・・・白シャツ、ロングコート、ニット
    • カジュアル・・・チノパン、スニーカー、有彩色、ゆるいシルエット
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • ロングコート
    • テーパードシルエットのパンツでソックス見せ、細身の靴

白や黒のようなモノトーンという”色”はフォーマルな印象がある。

加えてシャツという”デザイン”もフォーマル。

 

『シャツという”デザイン”』×『白という”色”』で、白シャツはかなりフォーマルで大人っぽい印象が強い。かしこまった場でも白シャツを着ますもんね。

 

コーデ全体でフォーマルな印象が強すぎるともはやスーツになる。チノパンやスニーカーなどカジュアルなアイテムを合わせてバランスを取ってます。

 

今着るならこれくらいのサイズ感が理想。大体『脚の付け根が隠れるくらい』が目安です。

脚の付け根が隠れると、「どこから脚なんだ?」となる。人間は、分からない部分を理想の形に脳内補完するので脚の長さが誤魔化せます。

 

脚の長さだけじゃなくて、瘦せ型の人やお腹が出ている人が体型を誤魔化すのにも『隠す』は定石中の定石です。

マスク美人とも言うように、隠せばいい感じに脳内補完されますからね。

 

安く手に入れるならユニクロのEFCシャツ

◆ユニクロ エクストラファインコットンブロードシャツ
オンライン

安く手に入れるなら、ユニクロのエクストラファインコットンブロードシャツがオススメ。通称EFCシャツ。

 

めっちゃ安いながらも、ちゃんと使えるアイテムです。

生地が薄くちょっとシワになりやすいけど、ちゃんとアイロンを掛ければ安っぽく見えない。

 

2.タックイン⇒脚長は本当か?

https://www.asos.com/men/fashion-feed/2017_03_3-fri/milan-fashion-week-aw17-mens-street-style/

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・7:3(程よくキレイめ:大人に理想的)
    • キレイめ・・・シャツ、ジャケット、タックイン
    • カジュアル・・・柄、ジーンズ(ダメージ)
  • シルエット・・・(多分)Yラインシルエット
    • ジャケット
    • 細身のパンツ、靴不明

白シャツをタックインすればさらにフォーマルな印象に。

学生の制服はシャツをインしますし、出してたら「だらしない」て言われません?制服はフォーマルなのを好むので、フォーマルな着こなしから外れると「だらしない」になります。

 

よく「タックインすると脚長に見える」と言いますが、タックインをすれば必ず脚長という訳ではないので注意。

 

タックインは上半身と下半身の境界線が丸わかりになる。

ハイライズのパンツ(股上が長い)でインすれば腰位置は上に見え脚が長く見えますが、ローライズ(股上が短い)でインすると腰位置が下がって見えます。

 

3.ストライプ柄は無地よりもカジュアルな印象

https://www.gq.com/gallery/street-style-milan-fashion-week-men-fall-2018/amp?epik=dj0yJnU9QThCOHY1d3NWY3V0RzluRV9jb1lhbDdPVXVBZGNveTImcD0wJm49S0N2UXVBSjFwdWdLSDFzc2VTWDVWZyZ0PUFBQUFBR0diSU5n

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・6:4(程よくラフ:普段着にちょうど良い)
    • キレイめ・・・ロングコート、シャツ、ニット、無彩色
    • カジュアル・・・柄(ストライプ)、有彩色、ゆるいシルエット
  • シルエット・・・Oラインシルエット
    • ロングコート
    • 太いアンクル丈パンツ、(パンツに比べると)細い靴

ストライプ柄は、無地よりもカジュアル感がある。

また、ストライプの幅が広くなるほどカジュアルな印象に寄ります。これは広めなので、ストライプ柄の中でもカジュアル感が強い類です。

 

細いストライプと言えば…例えばスーツでよくある『ピンストライプ』。ピンストライプのような幅が狭いものはカジュアル感が弱いですね。

 

普通、ストライプは2色で構成されますが…その2つの色差にも注目。

このスナップのように、「暗いネイビー」と「明るい白」だと色差が大きい。色差が大きいほどカジュアル感が強くなる。

 

https://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=17008

色差の少ないピンストライプ

 

このストライプのルールはシャツでも同じ。

ストライプ幅が広い・ストライプの色差が激しいシャツはカジュアル感が強め、です。

 

4.「シャツ×ネクタイ」レトロに着る

https://wwd.com/fashion-news/street-style/gallery/paris-fashion-week-mens-fall-autumn-2017-street-style-mfw-photos-10755272/street-style-at-paris-fashion-week-mens-fall-2017-67/

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・8:2(キレイめ:ややフォーマルなシーンに)
    • キレイめ・・・シャツ、ネクタイ、ニット、スラックス、襟アウター
    • カジュアル・・・色と柄
  • シルエット・・・(多分)Yラインシルエット
    • ショート丈アウター
    • 細身のパンツ、靴不明

シャツの良さは、ネクタイが付けられること。

 

ネクタイにはビジネスのイメージがある。

ビジネスの印象から離れるように、シャツは青ストライプでややカジュアルに、ネクタイも柄が華やかなものに。

 

「フォーマルなアイテムを色と柄でカジュアルダウンする」という発想です。『スーツで取り入れなさそうなもの』を取り入れるのがポイント。

 

ネクタイを上手く取り入れられれば、一気に洒脱な印象になります。「仕事着みたい」と言われなさそうに着こなしてみましょう。

 

5.シャツ×ネクタイ×セットアップをどう崩す?

https://otokomaeken.com/mensfashion/115619

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・7:3(程よくキレイめ:大人に理想的)
    • キレイめ・・・シャツ、ネクタイ、モノトーン、セットアップ、ロングコート
    • カジュアル・・・有彩色、スニーカー、アンクル丈、ソックス見せ
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • ロングコート
    • アンクル丈パンツ、ハイカットスニーカー

シャツ×ネクタイ×セットアップ。そのままだとフォーマル感が余りにも強すぎるので、そこからどうカジュアル要素を取り入れるか?

 

上半身はキレイめな印象が強いですが、アンクル丈のパンツでソックスを見せてスニーカーを合わせカジュアル感を入れてます。

8分丈ほどの短いアンクル丈だと、9分丈やフルレングスよりもカジュアル感がありますね。

 

この感じだと、ロングコートをMA-1などショート丈をオーバーサイズできるのも良いと思います。そっちの方が普段着らしく程よくカジュアルになる。

 

6.シャツ×パーカー:襟で程よくフォーマル感を

https://www.vogue.mx/

コーデ分析

  • フォーマル:カジュアル・・・5:5(ラフ:若者の普段着にちょうど良い)
    • キレイめ・・・シャツ、ロングコート、モノトーン
    • カジュアル・・・パーカー、プリント、ジャージパンツ(?)
  • シルエット・・・(多分)Yラインシルエット
    • ロングコート
    • やや細身のパンツ、靴不明

パーカーの中にシャツを仕込んで襟だけ見せる着こなし。多分これシャツだよね…?

いずれにしろ、こういう着こなしは洒脱に見えます。

 

パーカーのカジュアル感。襟だけしか見えなくても、シャツが程よくフォーマルな印象をプラスしてくれます。

子どもっぽく見えにくいパーカーの着こなしですね。

 

シャツの襟が程よく装飾になるのもポイントです。

 

靴が見えないので分かりませんが、もしスニーカーなら若者の普段着、革靴なら大人もイケる普段着くらいのバランス。

ちょっと子供っぽいかも、と感じる方はパンツをスラックスに変えてもグッド。

 

シャツを攻略!ファッションを楽しもう

  1. シャツは『フォーマル』な印象
  2. ストライプなど柄は無地よりもカジュアル感がある
  3. ネクタイを合わせてクラシックに
  4. シャツ×パーカー
    • フォーマルとカジュアルのバランスを取りつつ、装飾を足せる

基本だけど意外と曖昧なシャツの着こなし。

シャツはフォーマルな印象がある。デニムやスウェットなどカジュアルなパンツと合わせつつ、ロングコートで防寒しましょう。

 

AMBIFACE MARKET(アンビフェースマーケット。略称AFM)というサービスを始めます。

『探すのが難しい古着を簡単にコスパ良く』×『動画でのアイテム解説』がテーマ。

 

ネット通販にありがちな『誤魔化し写真』とか「どんな服かイマイチ分からない」という問題を解決します。

 

ここで解説した内容に沿ったアイテムセレクトにします。

AMBIFACE読者の方が着こなしやすそうなアイテムだったり、レザー系などトレンド感があるものをセレクトします。

 

というか、ぼくの私物です。なのでちゃんとぼくが「着よう」と思えるものしかありません。

 

気になった方は覗いてみて下さい。アイテムはこれからたくさん追加します。

https://afm.official.ec/

 

最近YouTube始めたよ

中の人のゆうりです。最近YouTube始めました。テキトーにやってます^^

 

 

カテゴリ一覧はこちら

 

公式Twitterで更新情報をいち早くチェックする

ブログの更新情報をいち早くチェックするならTwitterをフォロー!

AMBIFACEトップへ

  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-ファッションスナップ, 脱量産型する方法
-

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5