シルエット ファッションスナップ 脱量産型する方法

ダサく見せない『Yラインシルエット』最高の海外着こなし集【2022メンズ】

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

Yラインシルエットは、体型が美しく見える3大シルエットの1つ。

ロングコートを着れば簡単に作れ、便利で定番のシルエット。

 

しかし、定番であるからこそ「普通のYラインシルエット」はみんな散々見慣れている。

今回は『定番を個性的に『Yラインシルエット』最高の海外着こなし集【2021秋メンズ】』。

 

最高の海外ファッションスナップを参考に、『一味違うYラインシルエット』を見ていきます。

 

一味違う『Yラインシルエット』最高の海外着こなし集【2021秋メンズ】

1.裾を絞ってまくる、変化あるYライン

コーデ分析

  • キレイめ:カジュアル・・・6:4
    • キレイめ・・・ロングコート、黒
    • カジュアル・・・裾まくり、スニーカー、パーカー
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • ロングコート
    • 裾まくりで足首見せ、スニーカー

裾にドローコードが付いたパンツを、裾を上げて細い足首を見せる。変化のあるYラインになりますね。

 

こういう裾を絞れるパンツはミリタリーだと良くあります。ちょっとシルエットが野暮ったいものでも、裾を絞ればひとまず整って見える。

 

ほとんどオールブラックですが、コートは変化のあるナイロンでシルエットにも一癖あるので地味じゃない。

地味がちな黒スタイルは『素材感』『シルエット』で装飾を足すのが良いですね。

 

短髪の人はこういう男らしいスタイルが良く似合いますね~。タバコも雰囲気を出してる。

 

2.太いパンツで作る『ゆるいYライン』

https://www.crfashionbook.com/fashion/g15520560/street-style-paris-fashion-week-mens/

コーデ分析

  • キレイめ:カジュアル・・・7:3
    • キレイめ・・・ロングコート、シャツ、スラックス、白やグレーなど無彩色
    • カジュアル・・・スニーカー、個性のあるデザイン、柄
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • ロングコート
    • ゆるいパンツ、スニーカー

Yラインというと「まず細身のパンツ!」を連想する人は少なくないですが、なかなか差別化がしにくい。そういうシルエットはさんざん見慣れてますから。

ちゃんと丈が長いロングコートなら、これくらいゆるいパンツでも十分Yラインになる。

 

リラックスが好まれるトレンド的にもグッド。

 

シャツやスラックス、ロングコートなどキレイめな服が多い。ただ柄や素材の切り替えなどでカジュアル感が出ているのでキメすぎじゃない。

ちょっと癖のあるデザインは通常カジュアルな要素になります。

 

3.”超マキシ丈”でリラックス × Yラインシルエット

https://www.gq-magazine.co.uk/fashion/gallery/best-street-style-london-fashion-week-mens-aw20

コーデ分析

  • キレイめ:カジュアル・・・8:2
    • キレイめ・・・ロングコート、シャツ、ニット、革靴、黒、スラックス
    • カジュアル・・・有彩色、オーバーサイズ
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • ロングコート
    • ゆるいパンツ、スニーカー

ドカンと大きい超マキシ丈のロングコート。マキシ丈とは『超長い丈』の事で、大体膝より長かったらそう。

マキシ丈自体はキレイめな印象がありますが、このコートは身幅が広くリラックス感があるのでややカジュアルな要素もある。

 

今はこれくらいゆるいコートが良いかな~と思います。特に身幅は広い方が今はカッコよく見える。

 

https://item.rakuten.co.jp/jumblestore/2319350633430/

詳細を見る

◆BASISBROEK EGG Wool Double Coat (中古)
¥17,490

一万円代で手に入れるなら、BASISBROEK(バージスブルック)のEGGコートがオススメ。

身幅が超広くてリラックス感もあり、何よりシルエットが作りやすい。

 

4.見慣れた細身Yラインは『レザー』で差を付ける

https://wwd.com/fashion-news/street-style/gallery/they-are-wearing-new-york-fashion-week-mens-fall-1203460166/they-are-wearing-new-york-fashion-week-mens-fall-2020-67/

コーデ分析

  • キレイめ:カジュアル・・・8:2
    • キレイめ・・・ロングコート、黒、レザー素材、レザーブーツ、細身のシルエット
    • カジュアル・・・有彩色、オーバーサイズ
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • ロングコート
    • 細身のパンツ、細いブーツ

細身のYライン。「ゆるいのがいいよ!」と進めといてアレですが、細身なのも新鮮でいいですね。

ただ細身自体はトレンド的には落ち目なので、どこか他の部分で今らしさが欲しい。

 

装飾が好まれる今のトレンドでは、表情があるレザー素材は注目。ちょっとソールの形に癖があるブーツも装飾になってよい。

インナーにしてるタイダイのような柄のTシャツも装飾的で良い。

 

レザーコート、古着で探すとたくさんあります。

渋谷・下北沢・吉祥寺に店舗がある『ニューヨークジョー』という古着屋に昨日行ってきましたが、割とたくさん見つかりました。

 

5.

https://styledumonde.com/2018/02/new-york-fw-2018-street-style-rachael-wang/

コーデ分析

  • キレイめ:カジュアル・・・7:3
    • キレイめ・・・ジャケットセットアップ、マフラー
    • カジュアル・・・スニーカー、オーバーサイズ、有彩色と柄
  • シルエット・・・Yラインシルエット
    • オーバーサイズのジャケット
    • やや細身のパンツ、スニーカー

オーバーサイズのジャケットでしっかり上を大きくして、やや細身のスラックスで作るYライン。

靴のボリューム感も意外と大事。この感じで靴がもっと大きいとYラインが崩れると思います。

 

着ている人も多いセットアップ。小物や色使いで差別化して『ただのセットアップ』を回避。

ちょっと「おじさん感」がある色・クラシックな印象がある柄に対して、小物の鮮やかな色使いが良い。

 

着る人の顔が渋かったら渋い着こなしが似合いそうですが、若い人が着るなら鮮やかな色で若者感を取り入れるのがいいのかな。

まあその辺りの『着崩し方』には好みが出るので、そこが個性の出しどころになるでしょう。

 

一味違うYラインシルエットでファッションを楽しもう

  1. 定番のYラインシルエットは『どこかで変化を』
  2. ”細身のパンツじゃなくても”Yラインは作れる

Yラインシルエットは作りやすく定番だからこそ、差別化するなら工夫が必要。

 

今回のスナップを参考に、一味違うYラインシルエットを楽しんでいきましょう。

  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-シルエット, ファッションスナップ, 脱量産型する方法
-

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5