日々のコーデ 脱量産型する方法

Tシャツ短パンでも子供っぽくならないコツは「色と柄」【日々のコーデ.17】

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

細かい着こなしについて話すコーナー、日々のコーデです。

 

ここではぼくの私服を例に挙げて

  • 着こなし
  • 使っているアイテム

などについて説明します。

 

イメージとしては「細かい説明がついたWEARやインスタ」です。

 

『日々のコーデ』の記事一覧はこちら

 

Tシャツ短パンでも子供っぽくならないコツは”色”【日々のコーデ.17】
  • シルエット ⇒ 緩めのIライン
    • トップス : ゆるい半袖Tシャツ(細めな印象)
    • ボトムス : ハーフパンツ(脚が見えるので細い印象)
    • 靴 : ソールにボリュームがあるブーツ(細めな印象)
  • カジュアルとキレイめのバランス ⇒ 5:5くらい
    • カジュアル : Tシャツ、ショートパンツ、ブーツ
    • キレイめ : 黒と白などのモノトーン配色、無地

 

トップス
◆Slayer バンドT
古着で4000円ちょっと

ボトムス
◆Rick Owens DRKSHDW POD SHORTS (RN素材)
古着で2万ちょっと


◆Onitsuka Tiger Dentigre Boot ブラック
https://www.onitsukatiger.com/nl/en-nl/dentigre-boot/p/1183B465-002.html
24000円くらい

ネックレス
◆ビンテージ
3000円くらい

メガネ
◆Oh My Glasses TOKYO
レンズ込みで3万ちょっと

 

Tシャツと短パンでも子供っぽくならないコツ

Tシャツ短パンでも子供っぽくならないコツは「色と柄」【日々のコーデ.17】

夏は暑いので、Tシャツに短パンと上下とも「カジュアル」なコーデになりやすい。

 

カジュアルすぎると子供っぽい印象になります。

 

そういう時のコツは、「色と柄」や「デザイン」を抑える事。

 

モノトーンと無地はキレイめな要素

黒や白などのモノトーンはキレイめな色です。

逆に赤や青など有彩色はカジュアルな色。

 

また、無地はキレイめな要素。

逆にチェックなどはカジュアルな柄。

 

お葬式など厳かな場には、色が入っていたり柄がチェックのスーツは着ていきませんよね。

黒や白などモノトーンを基調とし、柄はなく無地のスーツが好まれるはずです。

 

デザインは増えれば増えるだけカジュアルになる

デザインは増えれば増えるだけカジュアルになります。

 

例えば

  • 無地のTシャツ
  • ワッペンやプリントがされたTシャツ

では無地の方がキレイめです。

 

Tシャツ短パンでも子供っぽくならないコツは「色と柄」【日々のコーデ.17】

https://www2.hm.com/en_us/productpage.0596400008.html

 

Tシャツ短パンでも子供っぽくならないコツは「色と柄」【日々のコーデ.17】

https://www2.hm.com/en_us/productpage.0972640006.html

 

今回もトップスは無地に近い印象。

 

今回はSlayerというぼくが好きなバンドのTシャツを裏返して着ています。

 

表にはプリントがされているのですが…

そういうやつは裏返すと柄が見えなくなったり、ほんの少しだけ透けるようになってデザインの主張が抑えられる。

 

あと、実質2着分の使い方が出来てお得。

 

裏返す時は「ただ変な着方をしている人」にならないように、顔周りの雰囲気がちょっと必要になります。

 

顔が”ぽい”感じだと説得力が生まれ、コーデに少し変な所があっても”ぽく”見えるようになる。

 

どんな服でも似合う、最強の顔6選 | メンズファッション
どんな服でも似合う人の特徴。服が似合う最強の顔の作り方

続きを見る

 

『日々のコーデ』の記事一覧はこちら

 

カッコつけないのがカッコいい

最近の根底にあるのが「カッコつけないのがカッコいい」という考え方です。

 

インスタとかWEARとかを見ると「カッコいい服」を「カッコよく」着るスタイルが多い。

たくさんレイヤード(重ね着)したり、アクセサリーを付けまくったり。

 

その逆張りと、アメカジやグランジの影響でカッコつけないのが今は好きです。

「カッコつけてないのにカッコいい」が憧れです。

 

ダサいくらいが丁度良い、グランジファッション【日々のコーデ.12】
ダサいくらいが丁度良い、グランジファッション【日々のコーデ.12】

続きを見る

 

装飾を出来るだけ減らすと余裕が出来る

カッコつけない余裕がある感じを出すには装飾を減らす事。

 

重ね着は出来るだけしない。

アクセサリーもつけすぎない。

デザインにクセのあるアイテムを出来るだけ減らす。

 

昔は「レイヤード大好き」「癖のある服大好き」みたいな感じだったんですが…

そういうスタイルを成立させるにはそれだけ顔が強くないといけない。

 

装飾を増やせば増やすほどコーデは強くなっていくので、顔も負けじと強くしないと客観的に見て「カッコいい」とは言われない。

 

自己満で楽しむ分にはそんなの気にしなくても良いんですけど…どうせならカッコいいって言われたいじゃないすか。

 

一般受けとアパレル受けをいかに両立させるか

飾れば飾る程一般ウケから遠ざかります。

飾らないスタイルが好きな理由の1つですね。

 

  • 服に詳しくない人に「雰囲気あるなあ」と思って貰う
  • 詳しい人にも「カッコいい」と思って貰う

これをいかに両立させるか。

 

そのためにはあまり癖がありすぎるものを取り入れるのは避けて、

だけど普通の人は取り入れないアイテムや着方、タビなどのアイコニックなものを取り入れる必要がある。

 

癖があるアイテムを取り入れるとしたら、他を極限までシンプルにしてやりすぎにしない事も大事ですね。

 

デザインを取り入れすぎて、コーデがインフレすることに常に気を付けてます。

 

『日々のコーデ』の記事一覧はこちら

 

最近YouTube始めたよ

中の人のゆうりです。最近YouTube始めました。テキトーにやってます^^

 

 

カテゴリ一覧はこちら

 

公式Twitterで更新情報をいち早くチェックする

ブログの更新情報をいち早くチェックするならTwitterをフォロー!

AMBIFACEトップへ

  • この記事を書いた人

ゆうり

AMBIFACE管理人/メインライター。小さくて顔が丸い。 TV出演(BS12)やアパレルデザイン/販売の経験がある。

-日々のコーデ, 脱量産型する方法
-

© 2021 AMBIFACE Powered by AFFINGER5